ワールド競馬のこと、調べてみました。

ワールド競馬を利用すると、どんな情報が得られる?実際の所を調べてみました。

最近の投稿

2017年のプロキオンSの予想のために情報収集を

投稿日:

1

7月9日に中京競馬場にて開催されるプロキオンS。
ダート1400mということで、今後この路線で活躍が期待される馬たちが出走します。

今年のフェブラリーSで1番人気に支持されて3着に敗れてしまったカフジテイクにまず注目したいです。
カフジテイクはプリサイスエンド産駒でかなり後方からの追い込み一辺倒の馬なのでなかなか勝ちきれないことがありますが、基本的に毎回良い脚を使う印象が強いです。
3歳時にチャンピオンズCで4着、明け4歳のフェブラリーSで3着という成績は冷静に考えるとかなり優秀です。
そのうえゴドルフィンマイルでは5着に入っており、ドバイ遠征の疲れさえ問題なければいきなり圧勝もありえそうです。
カフジテイクは次世代のダート王になる可能性を秘めている馬でもあります。

そしてダート転向以降常に安定した成績を収めているエイシンバッケンも忘れてはいけません。
エイシンバッケンはフェブラリーSで出遅れながら4着になり、力があるところを見せました。
はじめは芝ばかりを走っていましたが、3歳秋シーズンにダートを使われていきなり快勝し、それ以降は安定的な成績を収めています。
橿原Sで1度8着がありますが、それ以外はダートではすべて掲示板にのっていています。
欅Sを制覇して波に乗っている今でしたらプロキオンSも勝てるかもしれません。

それ以外にはラストダンサーも魅力で、目立つ成績を挙げているわけではありませんが、前走は欅Sで上記したエイシンバッケンと0.5秒差の4着に入っています。
父キングカメハメハ、母父サンデーサイレンスという血統がこのレースで開花するかもしれません。

他にはチャーリーブレイヴ、テイエムヒッタマゲなども予定しており、激しい一戦となりそうです。
カフジテイクは末脚を活かすタイプの馬なので、展開次第ではアッサリ負ける可能性もあるでしょうからね…。

昨年は1番人気-3番人気-2番人気という順で決まりましたし比較的人気どころが強いですが、まれに人気薄の馬が突っ込んでくることもあるので注意してください。

予想方法は人それぞれ異なりますが、この情報化社会の時代、適切なサイト利用は欠かせません。
ワールド競馬は利用しやすいサイトで、様々なコンテンツを見ることができます。
競馬をより楽しむためには賢く予想をして馬券を当てることが大切です。
ワールド競馬には「平日コンテンツ」「重賞コンテンツ」「競馬開催コンテンツ」があります。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

7

サトノクラウンが凱旋門賞に出走する?

今年の宝塚記念で見事な脚を披露して完勝したサトノクラウン。 元々日本国内でも重賞で強いレースぶりを見せていましたし、昨年末の香港ヴァーズでの脅威の脚は圧巻でした。 今期も世界トップクラスの活躍を見せて …

10

ターフィーくんと32ndサンリオキャラクター大賞

今回で32回目を迎えるサンリオキャラクター大賞にJRAのマスコットキャラクターとして知られているターフィーくんがエントリーしました。 サンリオの有名キャラクターがライバルとなる為厳しい戦いとなりますが …

2

CBC賞の出走予定馬について

中京競馬場芝1200mで行われるCBC賞は、電撃のスプリント戦ということもあって、高いスピード力が必要なレースです。 今年出走を予定している馬には前走こそ大敗したものの今年連勝を飾り、重賞勝ちもあるメ …

4

キタサンブラックの凱旋門賞挑戦プランが消える

今年の大阪杯を勝利し、続く天皇賞春も圧勝し、今年の秋にはフランスの凱旋門賞を目指すと見られていたキタサンブラック。 しかし6月25日に阪神競馬場で開催された宝塚記念で敗れてしまい、事実上凱旋門賞の挑戦 …

11

チャーチルがセントジェームズパレスSでまさかの敗戦

世界一のジョッキーと言っても過言ではないライアン・ムーア騎手が惚れ込んでいたチャーチル。 デビュー戦では敗れてしまったものの、それ以降は驚異の快進撃を続け、ナショナルS、デューハースト、英・愛2000 …