ワールド競馬のこと、調べてみました。

ワールド競馬を利用すると、どんな情報が得られる?実際の所を調べてみました。

未分類

スーパーG2の中山記念を一足先にチェック

投稿日:

スーパーG2といわれていた大阪杯やホープフルSがGIに昇格しましたが、中山記念もこれらのレースと並ぶレベルの高さを誇っていました。
昨年の中山記念を制したのは海外GI優勝馬でもあるネオリアリズムで、5着にはドバイターフを制したヴィブロス、3着には2017年の安田記念で2着に入ったロゴタイプ…といった結果でした。
これらの他にもGI級の馬が多数出走しており、これはおそらく2018年の中山記念でも同様でしょう。

現時点で判明している出走予定馬はまだ数少ないのですが昨年このレースに出走したヴィブロスとリアルスティールが早速出走表明しているようです。
ヴィブロスは昨年このレースで敗れた後上記のようにドバイターフを制し、その後のG2とGIでは僅差負けを喫しており、中山記念で良いところを見せたいと思っているはずです。

そしてリアルスティールに関しても同様で、中山記念の次走となった毎日王冠は強豪馬相手に優勝しましたが、その次の天皇賞秋では4着に敗れています。
是非とも中山記念を勝利し、春のGIシリーズを迎えたいところでしょう。

これらの他にもGI出走馬が複数登録することはほぼ確実視されており、誰もが楽しむことができる盛り上がるレースとなりそうです。ワールド競馬ではこのレースを非常に楽しみに待っています。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

クイーン賞に出走する有力馬情報

12月6日にで開催されるワールド競馬期待のクイーン賞。 レース名の通り牝馬限定戦となっていて、Jpn3の格付です。 すでにJRA所属の出走予定馬が発表されており、アンジュデジール、アンデスクイーン、タ …

no image

アロゲートがまさかの連敗を喫す

現役世界最強馬と謳われているアメリカのアロゲート。 昨年のBCクラシック、今年のペガサスWC、ドバイWCなどを勝つ活躍ぶりを見せていて、特にドバイでの激走は圧巻でした。 そんなアロゲートがドバイ以来の …

no image

セレクションセールもセレクトセール同様の盛り上がりを見せる

7月10日と11日にノーザンホースパークで行われたセレクトセールは、非常に盛り上がって落札額もかなりのものでした。 その後7月18日に北海道セレクションセールが開催され、ここでも例年以上のにぎわいとな …

no image

これぞGI級?京王杯2歳Sでタワーオブロンドンが完勝

ワールド競馬待望、11月4日に東京競馬場で開催された京王杯2歳Sはタワーオブロンドンが圧倒的な支持を集めました。 この馬は父がRaven’sPass、母父がDalakhaniという血統で、 …

no image

予想が難しくなりそうな東海Sを展望

1月22日に中京競馬場で開催される東海Sは、ダート1800mのレースになります。 今年出走を予定している馬の中には、期待されている馬がたくさんいます。 上位人気になるのはおそらくテイエムジンソクでしょ …