ワールド競馬のこと、調べてみました。

ワールド競馬を利用すると、どんな情報が得られる?実際の所を調べてみました。

未分類

予想が難しくなりそうな東海Sを展望

投稿日:

1月22日に中京競馬場で開催される東海Sは、ダート1800mのレースになります。
今年出走を予定している馬の中には、期待されている馬がたくさんいます。

上位人気になるのはおそらくテイエムジンソクでしょう。
チャンピオンズCにおいては残念ながら勝ち馬のゴールドドリームに屈しましたが2着を死守し、その前走のみやこSはしっかりと優勝しています。
チャンピオンズCの借りを返すためにも東海Sは勝っておかなくてはいけないでしょう。
鞍上の古川騎手もG2の舞台であればGIに比べて比較的楽に騎乗ができるでしょうし、フェブラリーSを勝つためにも是非とも勝利して欲しいです。

他にはモルトベーネも東海ステークスを有力馬になっています2017年の春に行われたアンタレスS以来勝利していませんが、相手関係次第ではまだまだやれるでしょう。良い結果になるようワールド競馬では応援しています。

テイエムジンソクは圧倒的な人気を集めるでしょうし勝たなくてはいけない馬だと思います。
しかしそれ以外の馬に関しては予想が非常に難しく、荒れた結果になる可能性も少なくありません。

1月のレースということもあり、調整面で難しさが表面化する可能性もあるので、そのあたりも肝に銘じて馬券購入を行いましょう。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

スーパーG2の中山記念を一足先にチェック

スーパーG2といわれていた大阪杯やホープフルSがGIに昇格しましたが、中山記念もこれらのレースと並ぶレベルの高さを誇っていました。 昨年の中山記念を制したのは海外GI優勝馬でもあるネオリアリズムで、5 …

no image

これぞGI級?京王杯2歳Sでタワーオブロンドンが完勝

ワールド競馬待望、11月4日に東京競馬場で開催された京王杯2歳Sはタワーオブロンドンが圧倒的な支持を集めました。 この馬は父がRaven’sPass、母父がDalakhaniという血統で、 …

no image

アロゲートがまさかの連敗を喫す

現役世界最強馬と謳われているアメリカのアロゲート。 昨年のBCクラシック、今年のペガサスWC、ドバイWCなどを勝つ活躍ぶりを見せていて、特にドバイでの激走は圧巻でした。 そんなアロゲートがドバイ以来の …

no image

ウィンクスがウォーウィックSを勝ち18連勝

ウィンクスは現役世界最強牝馬といっても過言ではありません。 オーストラリア在籍の競走馬で、通算成績は現時点で28戦22勝です。 父はStreet Cry、母父Al Akbarという血統で、2015年5 …

no image

セレクションセールもセレクトセール同様の盛り上がりを見せる

7月10日と11日にノーザンホースパークで行われたセレクトセールは、非常に盛り上がって落札額もかなりのものでした。 その後7月18日に北海道セレクションセールが開催され、ここでも例年以上のにぎわいとな …