ワールド競馬のこと、調べてみました。

ワールド競馬を利用すると、どんな情報が得られる?実際の所を調べてみました。

最近の投稿

2018京都牝馬Sの展望

投稿日:

2月17日に京都競馬場で開催される予定の京都牝馬S。ここ最近はGI級の馬が活躍するレースでもあり、昨年はレッツゴードンキが、そして2016年はクイーンズリングが制しています。またその前年はヴィクトリアマイルで人気薄ながら2着に入ったケイアイエレガントが勝利しており、力がある牝馬でないと勝つのは難しいといえそうです。

ワールド競馬がつかんだ情報では現時点で今年出走予定の馬はあまり発表されていませんがその中の1頭がミスパンテールになります。ミスパンテールは明け4歳の牝馬で、3歳春にはクラシック戦線をあゆみ、秋はローズSで敗れた後条件戦とG3のターコイズSを連勝しています。まさに勢いに乗る馬ですし、強い明け4歳世代の1頭でもあるので話題性も抜群です。

そしてもう1頭注目しなくてはいけないのがワンスインナムーンです。この馬は昨年急激に力をつけ、2017年の京都牝馬Sでは人気薄ながら2着に入り、秋のスプリンターズステークスでは見事3着に入っています。その後香港遠征したところを見ると、陣営もこの馬に大きな期待をかけているのがわかります。

今後はこの2頭以外の有力馬も出走を表明すると思われるので目が離せません。このレースは特に芝1400mに距離が変わってから、重要度が増しているようにも感じます。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

5

ケイアイノーテックが今年初の新馬戦を制覇

最近は2歳新馬戦が6月初旬に始まり、阪神競馬場、そして東京競馬場でスタートします。 以前であれば1開催後の函館開催から新馬戦がスタートしていて夏の北海道競馬の風物詩的存在でした。 開催が早まったことに …

15

今年の函館記念を勝つ馬は?

7月16日に函館競馬場で行われる函館記念。 函館で開催される重賞レースの中で最も注目されるレースと言っても過言ではなく、ローカル競馬場の重賞の常連のような馬たちがよく出走しています。 夏競馬を代表する …

no image

アメリカナンバー1の現役種牡馬・Tapitについて

アメリカは世界最大のサラブレッドの生産国としても知られていて、その分数多くの種牡馬が繋養されています。 日本とは異なり芝ではなくてダートのレースが主役となっていることもあり、日本とは異なった系統の馬が …

2

CBC賞の出走予定馬について

中京競馬場芝1200mで行われるCBC賞は、電撃のスプリント戦ということもあって、高いスピード力が必要なレースです。 今年出走を予定している馬には前走こそ大敗したものの今年連勝を飾り、重賞勝ちもあるメ …

11

チャーチルがセントジェームズパレスSでまさかの敗戦

世界一のジョッキーと言っても過言ではないライアン・ムーア騎手が惚れ込んでいたチャーチル。 デビュー戦では敗れてしまったものの、それ以降は驚異の快進撃を続け、ナショナルS、デューハースト、英・愛2000 …