ワールド競馬のこと、調べてみました。

ワールド競馬を利用すると、どんな情報が得られる?実際の所を調べてみました。

最近の投稿

2018京都牝馬Sの展望

投稿日:

2月17日に京都競馬場で開催される予定の京都牝馬S。ここ最近はGI級の馬が活躍するレースでもあり、昨年はレッツゴードンキが、そして2016年はクイーンズリングが制しています。またその前年はヴィクトリアマイルで人気薄ながら2着に入ったケイアイエレガントが勝利しており、力がある牝馬でないと勝つのは難しいといえそうです。

ワールド競馬がつかんだ情報では現時点で今年出走予定の馬はあまり発表されていませんがその中の1頭がミスパンテールになります。ミスパンテールは明け4歳の牝馬で、3歳春にはクラシック戦線をあゆみ、秋はローズSで敗れた後条件戦とG3のターコイズSを連勝しています。まさに勢いに乗る馬ですし、強い明け4歳世代の1頭でもあるので話題性も抜群です。

そしてもう1頭注目しなくてはいけないのがワンスインナムーンです。この馬は昨年急激に力をつけ、2017年の京都牝馬Sでは人気薄ながら2着に入り、秋のスプリンターズステークスでは見事3着に入っています。その後香港遠征したところを見ると、陣営もこの馬に大きな期待をかけているのがわかります。

今後はこの2頭以外の有力馬も出走を表明すると思われるので目が離せません。このレースは特に芝1400mに距離が変わってから、重要度が増しているようにも感じます。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2018高松宮記念のメンバー情報

JRAのGIはフェブラリーSからはじまり、芝のGIは高松宮記念からはじまります。現時点で高松宮記念の正確な出走メンバーが発表されていませんが、ここを目標に仕上げられている馬はある程度予測が付きます。 …

no image

秋山真一郎騎手がJRA全10場重賞制覇

いぶし銀の腕が光るといわれる秋山真一郎騎手は、決して目立つ存在ではありませんがデビュー以来コンスタントに勝ち星を重ねています。しかしなかなかGI勝利に恵まれなかったものの、2012年についにカレンブラ …

13

ハイランドリールが6月の世界的GIを連勝

芝2400mのクラシックディスタンスの距離はまさに競馬においての王道で、日本ダービーをはじめとしたダービーの距離でもあります。 この距離の現役世界最強馬の可能性があるのが、ハイランドリールです。 ハイ …

17

中京記念に出走を予定している馬をピックアップ

7月23日に行われた中京記念にはすでに大きな実績を上げている馬たちも名乗りをあげています。 特に注目したいのは日本ダービーを勝っているワンアンドオンリーで近走は結果がでていませんが、マイル戦となるので …

1

2017年のプロキオンSの予想のために情報収集を

7月9日に中京競馬場にて開催されるプロキオンS。 ダート1400mということで、今後この路線で活躍が期待される馬たちが出走します。 今年のフェブラリーSで1番人気に支持されて3着に敗れてしまったカフジ …