ワールド競馬のこと、調べてみました。

ワールド競馬を利用すると、どんな情報が得られる?実際の所を調べてみました。

最近の投稿

2018高松宮記念のメンバー情報

投稿日:2018年2月19日 更新日:

JRAのGIはフェブラリーSからはじまり、芝のGIは高松宮記念からはじまります。現時点で高松宮記念の正確な出走メンバーが発表されていませんが、ここを目標に仕上げられている馬はある程度予測が付きます。

まずはスプリントGI路線でトップの実績を挙げていて、実力も秘めているレッドファルクスが一番手に挙げられます。おそらく1番人気になることが予想されていますし、昨年の雪辱を果たす意味でも負けられない一戦です。ここを勝てばより評価が高まり、種牡馬入りする際に箔がつくこと間違いないでしょう。

他には桜花賞を勝っていて、その後スプリントGIでも善戦しているレッツゴードンキも、ワールド競馬は甘く見れないと考えています。芝1200mは他の路線に比べて牝馬が活躍することが非常に多いのが特徴なので、レッツゴードンキにとって久しぶりのGI勝利も達成できるかもしれません。

他には実力があることは誰もが認めているダンスディレクターも非常に怖い存在です。いつGIを勝ってもおかしくない力を秘めていて、高松宮記念でも豪脚を披露する可能性もあります。

もちろんこれらの他にもナックビーナスなどをはじめとした強豪馬が、2018年の高松宮記念を虎視眈々と狙っているでしょうね。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

6

サザンヴィグラスが栄冠賞を制した

北海道の門別競馬場で6月29日に開催された栄冠賞(翌年度のリオンディーズの配合権利が付与される)。 栄冠賞は2歳馬のための重賞レースですが、日本で最も早く開催されることで有名です。 この栄冠賞を勝った …

11

チャーチルがセントジェームズパレスSでまさかの敗戦

世界一のジョッキーと言っても過言ではないライアン・ムーア騎手が惚れ込んでいたチャーチル。 デビュー戦では敗れてしまったものの、それ以降は驚異の快進撃を続け、ナショナルS、デューハースト、英・愛2000 …

13

ハイランドリールが6月の世界的GIを連勝

芝2400mのクラシックディスタンスの距離はまさに競馬においての王道で、日本ダービーをはじめとしたダービーの距離でもあります。 この距離の現役世界最強馬の可能性があるのが、ハイランドリールです。 ハイ …

8

シルバーステート が復帰後2連勝中

現4歳世代は最強世代とも言われており、サトノダイヤモンドをはじめとした活躍馬が目白押しです。 そんな中幻のダービー馬と呼ばれている馬がおり、それはシルバーステートです。 シルバーステートの父はディープ …

no image

J.リカルド騎手の勝利数記録が驚異的

それぞれの国によって、そして主催者によってレースが行われる日数や形態が全く異なるので一概に比較することができませんが、通算勝利数はある程度の比較要素となるでしょう。現時点でJRAの最多勝利記録を有して …