ワールド競馬のこと、調べてみました。

ワールド競馬を利用すると、どんな情報が得られる?実際の所を調べてみました。

最近の投稿

カラヴァッジオがコモンウェルスCを勝ち6戦6勝に

投稿日:

3

ロイヤルアスコット競馬の4日目に開催されたコモンウェルスCを制したのはカラヴァッジオです。
この馬は2016年のアイルランドのGIフェニックスステークスを勝った馬で、これで6戦6勝としました。
GIは2勝目で、スプリント路線で今後戦っていくようです。
鞍上はライアン・ムーア騎手で、調教師は世界的に有名なエイダン・オブライエン調教師。

父はScatDaddy、母父はHolyBullというアメリカ血統で、卓越したスピードを誇っています。
ScatDaddyはヨハネスブルグの直仔でフロリダダービーなどGIを2勝しています。

カラヴァッジオはまだダートを走ったことがないようですが、意外とダートでも世界的な強さを見せつけるかもしれません。
ヨーロッパは日本以上に芝のスプリントGIが豊富ですから、それらに出走することになるでしょう。
可能であれば日本にも遠征してほしいところですが、それは難しいでしょうね。

3歳春までは無敗街道を歩んでいても、それ以降活躍できない…という馬も多いので、これからが正念場になります。
今年の10月にオーストラリアでジ・エベレストというとんでもない賞金額のレースが始まりますが、これに出走することになると盛り上がりそうです。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

17

中京記念に出走を予定している馬をピックアップ

7月23日に行われた中京記念にはすでに大きな実績を上げている馬たちも名乗りをあげています。 特に注目したいのは日本ダービーを勝っているワンアンドオンリーで近走は結果がでていませんが、マイル戦となるので …

no image

2018共同通信杯はどうなる?

昨年この共同通信杯を制覇したスワーヴリチャードはその後活躍することができたので、2018年も共同通信杯が注目を浴びそうです。現時点で判明している出走馬を見てみると、圧倒的に抜けた実績を有している馬はい …

12

ニシケンモノノフが北海道スプリントCで見事人気に応える

6月8日に北海道の門別競馬場で開催された北海道スプリントCには、JRAからも強豪馬が出走しました。 単勝1.9倍の圧倒的な1番人気に推されたのはニシケンモノノフで、JRA地方問わず様々なレースで良績を …

7

サトノクラウンが凱旋門賞に出走する?

今年の宝塚記念で見事な脚を披露して完勝したサトノクラウン。 元々日本国内でも重賞で強いレースぶりを見せていましたし、昨年末の香港ヴァーズでの脅威の脚は圧巻でした。 今期も世界トップクラスの活躍を見せて …

6

サザンヴィグラスが栄冠賞を制した

北海道の門別競馬場で6月29日に開催された栄冠賞(翌年度のリオンディーズの配合権利が付与される)。 栄冠賞は2歳馬のための重賞レースですが、日本で最も早く開催されることで有名です。 この栄冠賞を勝った …