ワールド競馬のこと、調べてみました。

ワールド競馬を利用すると、どんな情報が得られる?実際の所を調べてみました。

最近の投稿

2018中山牝馬Sは上位拮抗状態?

投稿日:2018年3月6日 更新日:

中山競馬場の芝1800mを舞台に開催される中山牝馬S。今年の牝馬路線を占う意味で重要な一戦となる事が予想され、GI勝利馬こそいませんが大舞台で活躍している馬が出走を予定しています。

ワールド競馬が1番人気と予想しているのは、前走愛知杯で優勝を果たしエテルナミノル。エテルナミノルは父がエンパイアメーカー、母父フジキセキという血統です。他にも注目されている馬はいて、愛知杯で3着に入っているマキシマムドパリ、トーセンビクトリー、カワキタエンカ等が挙げられます。マキシマムドパリは3歳時に秋華賞で3着に入り、その後は牝馬限定戦の重賞を2勝しています。このレースは初めての挑戦となりますが、実績は他の馬と比べても一枚抜けているといえるでしょう。

そして昨年このレースの覇者でもあるトーセンビクトリーからも目を離してはいけません。前走は強い牡馬が出走したAJCCで5着に入り、強い相手に走ってきた経験が生きる可能性もあります。

強い4歳世代の1頭でもあるカワキタエンカは、前走の洛陽Sは10着に敗れてしまいましたが、昨年の秋華賞では5着に入り、ローズSはラビットランの2着に入っています。
上記の4頭が上位人気を形成すると思われますが、その他にも前走愛知杯で好走した馬や、その他の路線からきた馬らも目が離せません。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

10

ターフィーくんと32ndサンリオキャラクター大賞

今回で32回目を迎えるサンリオキャラクター大賞にJRAのマスコットキャラクターとして知られているターフィーくんがエントリーしました。 サンリオの有名キャラクターがライバルとなる為厳しい戦いとなりますが …

12

ニシケンモノノフが北海道スプリントCで見事人気に応える

6月8日に北海道の門別競馬場で開催された北海道スプリントCには、JRAからも強豪馬が出走しました。 単勝1.9倍の圧倒的な1番人気に推されたのはニシケンモノノフで、JRA地方問わず様々なレースで良績を …

8

シルバーステート が復帰後2連勝中

現4歳世代は最強世代とも言われており、サトノダイヤモンドをはじめとした活躍馬が目白押しです。 そんな中幻のダービー馬と呼ばれている馬がおり、それはシルバーステートです。 シルバーステートの父はディープ …

4

キタサンブラックの凱旋門賞挑戦プランが消える

今年の大阪杯を勝利し、続く天皇賞春も圧勝し、今年の秋にはフランスの凱旋門賞を目指すと見られていたキタサンブラック。 しかし6月25日に阪神競馬場で開催された宝塚記念で敗れてしまい、事実上凱旋門賞の挑戦 …

no image

2018高松宮記念のメンバー情報

JRAのGIはフェブラリーSからはじまり、芝のGIは高松宮記念からはじまります。現時点で高松宮記念の正確な出走メンバーが発表されていませんが、ここを目標に仕上げられている馬はある程度予測が付きます。 …