ワールド競馬のこと、調べてみました。

ワールド競馬を利用すると、どんな情報が得られる?実際の所を調べてみました。

最近の投稿

2018中山牝馬Sは上位拮抗状態?

投稿日:2018年3月6日 更新日:

中山競馬場の芝1800mを舞台に開催される中山牝馬S。今年の牝馬路線を占う意味で重要な一戦となる事が予想され、GI勝利馬こそいませんが大舞台で活躍している馬が出走を予定しています。

ワールド競馬が1番人気と予想しているのは、前走愛知杯で優勝を果たしエテルナミノル。エテルナミノルは父がエンパイアメーカー、母父フジキセキという血統です。他にも注目されている馬はいて、愛知杯で3着に入っているマキシマムドパリ、トーセンビクトリー、カワキタエンカ等が挙げられます。マキシマムドパリは3歳時に秋華賞で3着に入り、その後は牝馬限定戦の重賞を2勝しています。このレースは初めての挑戦となりますが、実績は他の馬と比べても一枚抜けているといえるでしょう。

そして昨年このレースの覇者でもあるトーセンビクトリーからも目を離してはいけません。前走は強い牡馬が出走したAJCCで5着に入り、強い相手に走ってきた経験が生きる可能性もあります。

強い4歳世代の1頭でもあるカワキタエンカは、前走の洛陽Sは10着に敗れてしまいましたが、昨年の秋華賞では5着に入り、ローズSはラビットランの2着に入っています。
上記の4頭が上位人気を形成すると思われますが、その他にも前走愛知杯で好走した馬や、その他の路線からきた馬らも目が離せません。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2018共同通信杯はどうなる?

昨年この共同通信杯を制覇したスワーヴリチャードはその後活躍することができたので、2018年も共同通信杯が注目を浴びそうです。現時点で判明している出走馬を見てみると、圧倒的に抜けた実績を有している馬はい …

no image

J.リカルド騎手の勝利数記録が驚異的

それぞれの国によって、そして主催者によってレースが行われる日数や形態が全く異なるので一概に比較することができませんが、通算勝利数はある程度の比較要素となるでしょう。現時点でJRAの最多勝利記録を有して …

no image

2018京都牝馬Sの展望

2月17日に京都競馬場で開催される予定の京都牝馬S。ここ最近はGI級の馬が活躍するレースでもあり、昨年はレッツゴードンキが、そして2016年はクイーンズリングが制しています。またその前年はヴィクトリア …

9

スパーキングレディーCの注目馬は何といってもホワイトフーガ

7月6日に川崎競馬場で開催されるスパーキングレディーCは、名前の通り牝馬のみが出走できるレースです。 今回出走を予定しているJRA所属馬の中には圧倒的人気が予想されるホワイトフーガがいます。 ホワイト …

5

ケイアイノーテックが今年初の新馬戦を制覇

最近は2歳新馬戦が6月初旬に始まり、阪神競馬場、そして東京競馬場でスタートします。 以前であれば1開催後の函館開催から新馬戦がスタートしていて夏の北海道競馬の風物詩的存在でした。 開催が早まったことに …