ワールド競馬のこと、調べてみました。

ワールド競馬を利用すると、どんな情報が得られる?実際の所を調べてみました。

最近の投稿

2018阪神大賞典はGI馬不在のレースとなりそう

投稿日:2018年3月12日 更新日:

3月に行われる重賞レースの中で話題になるケースが多いレースといえば、阪神大賞典というイメージが強いと思います。昨年はサトノダイヤモンドが制し、2016年にはシュヴァルグラン、他にもゴールドシップ、少しさかのぼるとディープインパクトなども制しています。強い競走馬が出走して強い勝ち方をするというのが阪神大賞典の特徴でしたが、今年からは少々状況が変わりそうです。

長距離レースと重要性が低くなったことに加えて、昨年から大阪杯がGIに昇格したこともあり、わざわざ阪神大賞典を選ぶ馬が少なくなってしまいました。もちろん長距離を得意としている馬にとっては好都合なのですが、レースレベルの低下は避けられないでしょう。
実際に今年の出走予定馬を見てみてもGI馬の姿はありません。

ワールド競馬が、上位人気と予想しているのは今年の京都記念を制して、昨年の菊花賞で2着に入っているクリンチャーでしょう。このレース次第では天皇賞春が非常に楽しみになり、将来的にはGIを勝利できる可能性も秘めています。

他にはサトノクロニクルも有力馬としてされており、昨年のチャレンジCを制した脚は今も健在でしょう。しかしクリンチャーとの力の差は歴然としているイメージもあるので、クリンチャーが少し抜けた人気となりそうです。

他には長距離の申し子といっても過言ではないカレンミロティックやシホウ、トミケンスラーヴァも期待されています。GI馬が出走しないから面白くないレースだというのは間違いなので、今年も熱い競馬を期待しましょう。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

3

カラヴァッジオがコモンウェルスCを勝ち6戦6勝に

ロイヤルアスコット競馬の4日目に開催されたコモンウェルスCを制したのはカラヴァッジオです。 この馬は2016年のアイルランドのGIフェニックスステークスを勝った馬で、これで6戦6勝としました。 GIは …

6

サザンヴィグラスが栄冠賞を制した

北海道の門別競馬場で6月29日に開催された栄冠賞(翌年度のリオンディーズの配合権利が付与される)。 栄冠賞は2歳馬のための重賞レースですが、日本で最も早く開催されることで有名です。 この栄冠賞を勝った …

no image

2018高松宮記念のメンバー情報

JRAのGIはフェブラリーSからはじまり、芝のGIは高松宮記念からはじまります。現時点で高松宮記念の正確な出走メンバーが発表されていませんが、ここを目標に仕上げられている馬はある程度予測が付きます。 …

no image

2018中山牝馬Sは上位拮抗状態?

中山競馬場の芝1800mを舞台に開催される中山牝馬S。今年の牝馬路線を占う意味で重要な一戦となる事が予想され、GI勝利馬こそいませんが大舞台で活躍している馬が出走を予定しています。 ワールド競馬が1番 …

5

ケイアイノーテックが今年初の新馬戦を制覇

最近は2歳新馬戦が6月初旬に始まり、阪神競馬場、そして東京競馬場でスタートします。 以前であれば1開催後の函館開催から新馬戦がスタートしていて夏の北海道競馬の風物詩的存在でした。 開催が早まったことに …