ワールド競馬のこと、調べてみました。

ワールド競馬を利用すると、どんな情報が得られる?実際の所を調べてみました。

最近の投稿

2018阪神大賞典はGI馬不在のレースとなりそう

投稿日:2018年3月12日 更新日:

3月に行われる重賞レースの中で話題になるケースが多いレースといえば、阪神大賞典というイメージが強いと思います。昨年はサトノダイヤモンドが制し、2016年にはシュヴァルグラン、他にもゴールドシップ、少しさかのぼるとディープインパクトなども制しています。強い競走馬が出走して強い勝ち方をするというのが阪神大賞典の特徴でしたが、今年からは少々状況が変わりそうです。

長距離レースと重要性が低くなったことに加えて、昨年から大阪杯がGIに昇格したこともあり、わざわざ阪神大賞典を選ぶ馬が少なくなってしまいました。もちろん長距離を得意としている馬にとっては好都合なのですが、レースレベルの低下は避けられないでしょう。
実際に今年の出走予定馬を見てみてもGI馬の姿はありません。

ワールド競馬が、上位人気と予想しているのは今年の京都記念を制して、昨年の菊花賞で2着に入っているクリンチャーでしょう。このレース次第では天皇賞春が非常に楽しみになり、将来的にはGIを勝利できる可能性も秘めています。

他にはサトノクロニクルも有力馬としてされており、昨年のチャレンジCを制した脚は今も健在でしょう。しかしクリンチャーとの力の差は歴然としているイメージもあるので、クリンチャーが少し抜けた人気となりそうです。

他には長距離の申し子といっても過言ではないカレンミロティックやシホウ、トミケンスラーヴァも期待されています。GI馬が出走しないから面白くないレースだというのは間違いなので、今年も熱い競馬を期待しましょう。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

12

ニシケンモノノフが北海道スプリントCで見事人気に応える

6月8日に北海道の門別競馬場で開催された北海道スプリントCには、JRAからも強豪馬が出走しました。 単勝1.9倍の圧倒的な1番人気に推されたのはニシケンモノノフで、JRA地方問わず様々なレースで良績を …

no image

J.リカルド騎手の勝利数記録が驚異的

それぞれの国によって、そして主催者によってレースが行われる日数や形態が全く異なるので一概に比較することができませんが、通算勝利数はある程度の比較要素となるでしょう。現時点でJRAの最多勝利記録を有して …

no image

2018京都牝馬Sの展望

2月17日に京都競馬場で開催される予定の京都牝馬S。ここ最近はGI級の馬が活躍するレースでもあり、昨年はレッツゴードンキが、そして2016年はクイーンズリングが制しています。またその前年はヴィクトリア …

5

ケイアイノーテックが今年初の新馬戦を制覇

最近は2歳新馬戦が6月初旬に始まり、阪神競馬場、そして東京競馬場でスタートします。 以前であれば1開催後の函館開催から新馬戦がスタートしていて夏の北海道競馬の風物詩的存在でした。 開催が早まったことに …

13

ハイランドリールが6月の世界的GIを連勝

芝2400mのクラシックディスタンスの距離はまさに競馬においての王道で、日本ダービーをはじめとしたダービーの距離でもあります。 この距離の現役世界最強馬の可能性があるのが、ハイランドリールです。 ハイ …