ワールド競馬のこと、調べてみました。

ワールド競馬を利用すると、どんな情報が得られる?実際の所を調べてみました。

最近の投稿

J.リカルド騎手の勝利数記録が驚異的

投稿日:2018年3月17日 更新日:

それぞれの国によって、そして主催者によってレースが行われる日数や形態が全く異なるので一概に比較することができませんが、通算勝利数はある程度の比較要素となるでしょう。現時点でJRAの最多勝利記録を有しているのは武豊騎手で、地方競馬だと佐々木竹見騎手が7151勝という記録を打ち立て、現在現役の的場文男騎手がそれを追っています。

これらの記録でも十分素晴らしいのですが、海外にも目を向けてみる驚きの数字が飛び込んできます。ワールド競馬が長年注目している、ブラジルの騎手でもあるJ.リカルド騎手が、通算12845勝目を挙げたとして世界中で大きなニュースとなりました。まだまだJ.リカルド騎手は現役でこの記録はどんどんと伸びることが予想されています。

勝利数が最も多い=世界一うまいとは言い切れませんが、そもそも騎乗技術が高くないとこれほど勝つことなど絶対に不可能です。JRAは基本的に土曜日と日曜日の2日間開催なのでどれだけ頑張ったとしても1万勝など成し遂げることはできないからこそ、J.リカルド騎手の驚異的な成績の凄みがわかります。

中には週のほとんど毎日競馬に騎乗しているから達成できたのだという人もいるかもしれませんが、J.リカルド騎手以外も全く同じ条件で騎乗しているので1人だけが恵まれているわけではありませんよね。今後も怪我などなく、記録をどんどん伸ばしていって欲しいです。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1

2017年のプロキオンSの予想のために情報収集を

7月9日に中京競馬場にて開催されるプロキオンS。 ダート1400mということで、今後この路線で活躍が期待される馬たちが出走します。 今年のフェブラリーSで1番人気に支持されて3着に敗れてしまったカフジ …

11

チャーチルがセントジェームズパレスSでまさかの敗戦

世界一のジョッキーと言っても過言ではないライアン・ムーア騎手が惚れ込んでいたチャーチル。 デビュー戦では敗れてしまったものの、それ以降は驚異の快進撃を続け、ナショナルS、デューハースト、英・愛2000 …

13

ハイランドリールが6月の世界的GIを連勝

芝2400mのクラシックディスタンスの距離はまさに競馬においての王道で、日本ダービーをはじめとしたダービーの距離でもあります。 この距離の現役世界最強馬の可能性があるのが、ハイランドリールです。 ハイ …

3

カラヴァッジオがコモンウェルスCを勝ち6戦6勝に

ロイヤルアスコット競馬の4日目に開催されたコモンウェルスCを制したのはカラヴァッジオです。 この馬は2016年のアイルランドのGIフェニックスステークスを勝った馬で、これで6戦6勝としました。 GIは …

2

CBC賞の出走予定馬について

中京競馬場芝1200mで行われるCBC賞は、電撃のスプリント戦ということもあって、高いスピード力が必要なレースです。 今年出走を予定している馬には前走こそ大敗したものの今年連勝を飾り、重賞勝ちもあるメ …