ワールド競馬のこと、調べてみました。

ワールド競馬を利用すると、どんな情報が得られる?実際の所を調べてみました。

最近の投稿

ゴールデンウィークに行われた京都新聞杯と新潟大賞典

投稿日:

今年のゴールデンウィーク中には多くのレースが開催されましたが、5月5日に京都競馬場で京都新聞杯が開催され、6日に新潟競馬場で新潟大賞典が行われました。

京都新聞杯で1番人気だったのはフランツですが、人気薄になっていたステイフーリッシュが藤岡佑介騎手を鞍上に差し切り勝ちを収め、見事ダービーへの出走権を獲得しました。逃げたメイショウテッコンが5着に粘る展開ではありましたが、2着~4着を見てみると終始後方にいた馬たちなので、それほどペースによる恩恵はなかったのかもしれません。

ワールド競馬が期待していた新潟大賞典はいま大注目のトリオンフが1番人気に推され、大阪杯以来のレースとなりました。昨年秋から今年の2月の小倉大賞典まで3連勝を果たし、新潟大賞典を勝てばGIの舞台へという状況でしたが、残念ながら4着に敗れてしまいました。勝利したのは古豪のスズカデヴィアスで、2017年1月以来の勝利となりましたし、嬉しい初重賞制覇でした。

次走は函館記念が予定されており、連勝が期待されます。

京都新聞杯も新潟大賞典も大荒れとなり、京都新聞杯は3連単が269,100円、新潟大賞典は581,000円でした。連休中ということもあり普段なかなか競馬場に出向くことができない人も競馬場に足を運んでいたようですね。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1

2017年のプロキオンSの予想のために情報収集を

7月9日に中京競馬場にて開催されるプロキオンS。 ダート1400mということで、今後この路線で活躍が期待される馬たちが出走します。 今年のフェブラリーSで1番人気に支持されて3着に敗れてしまったカフジ …

13

ハイランドリールが6月の世界的GIを連勝

芝2400mのクラシックディスタンスの距離はまさに競馬においての王道で、日本ダービーをはじめとしたダービーの距離でもあります。 この距離の現役世界最強馬の可能性があるのが、ハイランドリールです。 ハイ …

no image

2018中山牝馬Sは上位拮抗状態?

中山競馬場の芝1800mを舞台に開催される中山牝馬S。今年の牝馬路線を占う意味で重要な一戦となる事が予想され、GI勝利馬こそいませんが大舞台で活躍している馬が出走を予定しています。 ワールド競馬が1番 …

3

カラヴァッジオがコモンウェルスCを勝ち6戦6勝に

ロイヤルアスコット競馬の4日目に開催されたコモンウェルスCを制したのはカラヴァッジオです。 この馬は2016年のアイルランドのGIフェニックスステークスを勝った馬で、これで6戦6勝としました。 GIは …

5

ケイアイノーテックが今年初の新馬戦を制覇

最近は2歳新馬戦が6月初旬に始まり、阪神競馬場、そして東京競馬場でスタートします。 以前であれば1開催後の函館開催から新馬戦がスタートしていて夏の北海道競馬の風物詩的存在でした。 開催が早まったことに …