ワールド競馬のこと、調べてみました。

ワールド競馬を利用すると、どんな情報が得られる?実際の所を調べてみました。

最近の投稿

シルバーステート が復帰後2連勝中

投稿日:

8

現4歳世代は最強世代とも言われており、サトノダイヤモンドをはじめとした活躍馬が目白押しです。
そんな中幻のダービー馬と呼ばれている馬がおり、それはシルバーステートです。
シルバーステートの父はディープインパクト、母はシルヴァースカヤ、母父はSilverHawk。

通算成績5戦4勝ですが、唯一の敗戦は2歳新馬での2着です。
その際に敗れた馬は今年のヴィクトリアマイルを制したアドマイヤリードでした。
それ以降は2連勝を果たし、クラシック戦線に乗るか…と思わせましたが故障により長期の戦線離脱を余儀なくされました。

復帰をしたのは約1年半後のことで、通常であればいきなり勝利をおさめることが不可能に近いことですが、オーストラリアTで圧勝し、6月24日の垂水Sでも完勝。
シルバーステートはまったく本気を出している感じがしない走りでの勝利ですから、今後に大きな期待が持てそうです。

これまでオープン以上のレベルのレースに出走した経験はありませんが、勝ちっぷりを見ていると重賞レースでも問題なさそうで、さらに成長次第ではGIでも通用しそうですね。
クラシックレースに出られなかった悔しさを、他のGIレースで晴らしてほしいです。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

13

ハイランドリールが6月の世界的GIを連勝

芝2400mのクラシックディスタンスの距離はまさに競馬においての王道で、日本ダービーをはじめとしたダービーの距離でもあります。 この距離の現役世界最強馬の可能性があるのが、ハイランドリールです。 ハイ …

6

サザンヴィグラスが栄冠賞を制した

北海道の門別競馬場で6月29日に開催された栄冠賞(翌年度のリオンディーズの配合権利が付与される)。 栄冠賞は2歳馬のための重賞レースですが、日本で最も早く開催されることで有名です。 この栄冠賞を勝った …

7

サトノクラウンが凱旋門賞に出走する?

今年の宝塚記念で見事な脚を披露して完勝したサトノクラウン。 元々日本国内でも重賞で強いレースぶりを見せていましたし、昨年末の香港ヴァーズでの脅威の脚は圧巻でした。 今期も世界トップクラスの活躍を見せて …

no image

2018阪神大賞典はGI馬不在のレースとなりそう

3月に行われる重賞レースの中で話題になるケースが多いレースといえば、阪神大賞典というイメージが強いと思います。昨年はサトノダイヤモンドが制し、2016年にはシュヴァルグラン、他にもゴールドシップ、少し …

5

ケイアイノーテックが今年初の新馬戦を制覇

最近は2歳新馬戦が6月初旬に始まり、阪神競馬場、そして東京競馬場でスタートします。 以前であれば1開催後の函館開催から新馬戦がスタートしていて夏の北海道競馬の風物詩的存在でした。 開催が早まったことに …