ワールド競馬のこと、調べてみました。

ワールド競馬を利用すると、どんな情報が得られる?実際の所を調べてみました。

最近の投稿

スパーキングレディーCの注目馬は何といってもホワイトフーガ

投稿日:

9

7月6日に川崎競馬場で開催されるスパーキングレディーCは、名前の通り牝馬のみが出走できるレースです。
今回出走を予定しているJRA所属馬の中には圧倒的人気が予想されるホワイトフーガがいます。
ホワイトフーガはここ最近の充実ぶりが著しく、以前は牝馬相手に強いという印象でしたが、前走さきたま杯に出走し、錚々たる牡馬相手に勝利を収めています。勝利した相手がフェブラリーS馬のモーニンやベストウォーリアですから、今回のスパーキングレディーCは相手関係が弱くなるために確勝級だと思っている人もいるでしょう。
しかし競馬に絶対はありませんよね。
ホワイトフーガは父がクロフネ、母父がフジキセキという血統。

他には、サクラフローラ、アンジュデジール、タイニーダンサーのJRA所属馬も予定しており、これらも虎視眈々と狙っているはずです。

タイニーダンサーは長い間地方重賞で活躍していますし、アンジュデジールは関東オークス2着の3歳馬です。サクラフローラも年齢の割に出走経験が少なく、まだまだ成長する余地があるでしょう。

それに対して地方馬ももちろん黙ってはいません。
ララベルやタマノブリュネット、タッチスプリントなどもスパーキングレディーCの注目馬です。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

13

ハイランドリールが6月の世界的GIを連勝

芝2400mのクラシックディスタンスの距離はまさに競馬においての王道で、日本ダービーをはじめとしたダービーの距離でもあります。 この距離の現役世界最強馬の可能性があるのが、ハイランドリールです。 ハイ …

10

ターフィーくんと32ndサンリオキャラクター大賞

今回で32回目を迎えるサンリオキャラクター大賞にJRAのマスコットキャラクターとして知られているターフィーくんがエントリーしました。 サンリオの有名キャラクターがライバルとなる為厳しい戦いとなりますが …

no image

アメリカナンバー1の現役種牡馬・Tapitについて

アメリカは世界最大のサラブレッドの生産国としても知られていて、その分数多くの種牡馬が繋養されています。 日本とは異なり芝ではなくてダートのレースが主役となっていることもあり、日本とは異なった系統の馬が …

12

ニシケンモノノフが北海道スプリントCで見事人気に応える

6月8日に北海道の門別競馬場で開催された北海道スプリントCには、JRAからも強豪馬が出走しました。 単勝1.9倍の圧倒的な1番人気に推されたのはニシケンモノノフで、JRA地方問わず様々なレースで良績を …

6

サザンヴィグラスが栄冠賞を制した

北海道の門別競馬場で6月29日に開催された栄冠賞(翌年度のリオンディーズの配合権利が付与される)。 栄冠賞は2歳馬のための重賞レースですが、日本で最も早く開催されることで有名です。 この栄冠賞を勝った …