ワールド競馬のこと、調べてみました。

ワールド競馬を利用すると、どんな情報が得られる?実際の所を調べてみました。

最近の投稿

ニシケンモノノフが北海道スプリントCで見事人気に応える

投稿日:

12

6月8日に北海道の門別競馬場で開催された北海道スプリントCには、JRAからも強豪馬が出走しました。
単勝1.9倍の圧倒的な1番人気に推されたのはニシケンモノノフで、JRA地方問わず様々なレースで良績を挙げているのが特徴です。
そしてあまり差がない2番人気にはショコラブランが推され、3番人気は芝のGI馬でもあるスノードラゴン。

結果的には人気のニシケンモノノフがショコラブランに4馬身の差をつけ圧勝し、1着から4着までは人気通りの決着となりました。
勝ち時計の1.09.4はレコードで、改めてこの馬の力を見せつけました。
今年こそJBCスプリントで活躍してくれるかもしれません。
ニシケンモノノフは父がメイショウボーラー、母父がアフリートですから、まさにダートでの活躍が見込める血統構成です。

今回の北海道スプリントCは比較的高齢の馬が出走していましたが、この中では若い馬が1着、2着に来た感じです。
北海道の門別競馬場で開催されるレースの中でも大きな部類に入るので、このレースは毎年期待されています。
来年もニシケンモノノフがディフェンディングチャンピオンとしてまた出走する可能性もありますし、今回敗れた馬たちがリベンジのために出走する可能性もあります。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アメリカナンバー1の現役種牡馬・Tapitについて

アメリカは世界最大のサラブレッドの生産国としても知られていて、その分数多くの種牡馬が繋養されています。 日本とは異なり芝ではなくてダートのレースが主役となっていることもあり、日本とは異なった系統の馬が …

2

CBC賞の出走予定馬について

中京競馬場芝1200mで行われるCBC賞は、電撃のスプリント戦ということもあって、高いスピード力が必要なレースです。 今年出走を予定している馬には前走こそ大敗したものの今年連勝を飾り、重賞勝ちもあるメ …

3

カラヴァッジオがコモンウェルスCを勝ち6戦6勝に

ロイヤルアスコット競馬の4日目に開催されたコモンウェルスCを制したのはカラヴァッジオです。 この馬は2016年のアイルランドのGIフェニックスステークスを勝った馬で、これで6戦6勝としました。 GIは …

7

サトノクラウンが凱旋門賞に出走する?

今年の宝塚記念で見事な脚を披露して完勝したサトノクラウン。 元々日本国内でも重賞で強いレースぶりを見せていましたし、昨年末の香港ヴァーズでの脅威の脚は圧巻でした。 今期も世界トップクラスの活躍を見せて …

13

ハイランドリールが6月の世界的GIを連勝

芝2400mのクラシックディスタンスの距離はまさに競馬においての王道で、日本ダービーをはじめとしたダービーの距離でもあります。 この距離の現役世界最強馬の可能性があるのが、ハイランドリールです。 ハイ …