ワールド競馬のこと、調べてみました。

ワールド競馬を利用すると、どんな情報が得られる?実際の所を調べてみました。

最近の投稿

ハイランドリールが6月の世界的GIを連勝

投稿日:

13

芝2400mのクラシックディスタンスの距離はまさに競馬においての王道で、日本ダービーをはじめとしたダービーの距離でもあります。
この距離の現役世界最強馬の可能性があるのが、ハイランドリールです。

ハイランドリールは日本に遠征した経験はないものの、日本馬が海外遠征をした際に同じレースで戦った経験があるため、日本の競馬ファンにも馴染み深い馬です。
昨年の香港ヴァーズでは日本のサトノクラウンに敗れてしまいましたが、これまでに世界各国のGIをたくさん勝利しています。
今年のドバイシーマクラシックではまさかの大敗を喫しましたが、6月に開催された世界的GIを連勝し、改めて力があるところを見つけました。
コロネーションC、プリンスオブウェールズSを制し、これでGI6勝目です。
昨年残念ながら2着だった凱旋門賞ではリベンジを果たそうと虎視眈々と狙っているはずです。

ハイランドリールの父はGalileo、母父はデンヒルという血統で、信じられないくらいの良血でしょう。
昨年勝っているキングジョージにも出走するみたいですし、おそらく1番人気になるでしょう。
こんなにも強いハイランドリールに勝ったサトノクラウンは、宝塚記念を勝ったことでも分かりますが、とんでもない力を秘めています。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

7

サトノクラウンが凱旋門賞に出走する?

今年の宝塚記念で見事な脚を披露して完勝したサトノクラウン。 元々日本国内でも重賞で強いレースぶりを見せていましたし、昨年末の香港ヴァーズでの脅威の脚は圧巻でした。 今期も世界トップクラスの活躍を見せて …

11

チャーチルがセントジェームズパレスSでまさかの敗戦

世界一のジョッキーと言っても過言ではないライアン・ムーア騎手が惚れ込んでいたチャーチル。 デビュー戦では敗れてしまったものの、それ以降は驚異の快進撃を続け、ナショナルS、デューハースト、英・愛2000 …

no image

2018阪神大賞典はGI馬不在のレースとなりそう

3月に行われる重賞レースの中で話題になるケースが多いレースといえば、阪神大賞典というイメージが強いと思います。昨年はサトノダイヤモンドが制し、2016年にはシュヴァルグラン、他にもゴールドシップ、少し …

no image

2018中山牝馬Sは上位拮抗状態?

中山競馬場の芝1800mを舞台に開催される中山牝馬S。今年の牝馬路線を占う意味で重要な一戦となる事が予想され、GI勝利馬こそいませんが大舞台で活躍している馬が出走を予定しています。 ワールド競馬が1番 …

8

シルバーステート が復帰後2連勝中

現4歳世代は最強世代とも言われており、サトノダイヤモンドをはじめとした活躍馬が目白押しです。 そんな中幻のダービー馬と呼ばれている馬がおり、それはシルバーステートです。 シルバーステートの父はディープ …