ワールド競馬のこと、調べてみました。

ワールド競馬を利用すると、どんな情報が得られる?実際の所を調べてみました。

最近の投稿

アメリカナンバー1の現役種牡馬・Tapitについて

投稿日:

アメリカは世界最大のサラブレッドの生産国としても知られていて、その分数多くの種牡馬が繋養されています。
日本とは異なり芝ではなくてダートのレースが主役となっていることもあり、日本とは異なった系統の馬が種牡馬として活躍しています。
ワールド競馬も、日米の差については、いつも注目しているポイントです。

2016年の北米ランキングを見てみると、リーディングサイアーに輝いたのはTapitで、圧倒的な成績となっています。
2位はCurlinで、3位はUncleMo、CandyRid、Kitten’sJoyと続きます。

2017年の種付け料は30万ドルとなっており、日本円で3000万円を超えています。
Tapitは現役時代にはGIを1勝(ウッドメモリアルS)しかしていませんが、種牡馬としては歴史的な大成功を収めています。
代表産駒は挙げきれないくらいいて、日本で走った馬の中にもテスタマッタやラニがいます。

ベルモントSを勝った馬が多いのも特徴で、今年の勝ち馬でもあるTapwritもTapit産駒です。
アメリカンファラオやアロゲート級の馬はまだ出していませんが、安定して強い馬を出しています。
2001年生まれのためまだまだ種牡馬としてやっていけるでしょうから、圧倒的な強さを誇る馬を生み出す可能性も高いでしょう。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

12

ニシケンモノノフが北海道スプリントCで見事人気に応える

6月8日に北海道の門別競馬場で開催された北海道スプリントCには、JRAからも強豪馬が出走しました。 単勝1.9倍の圧倒的な1番人気に推されたのはニシケンモノノフで、JRA地方問わず様々なレースで良績を …

16

人気YouTuberのヒカル氏が宝塚記念で1340万円分の馬券を買う

YouTuber(ユーチューバー)という言葉が世間に知られるようになりましたが、ここ一年で急激に有名になったヒカルという人物がいます。 ヒカル氏はとにかく大金を使うことで知られており、ギャンブルに数百 …

13

ハイランドリールが6月の世界的GIを連勝

芝2400mのクラシックディスタンスの距離はまさに競馬においての王道で、日本ダービーをはじめとしたダービーの距離でもあります。 この距離の現役世界最強馬の可能性があるのが、ハイランドリールです。 ハイ …

4

キタサンブラックの凱旋門賞挑戦プランが消える

今年の大阪杯を勝利し、続く天皇賞春も圧勝し、今年の秋にはフランスの凱旋門賞を目指すと見られていたキタサンブラック。 しかし6月25日に阪神競馬場で開催された宝塚記念で敗れてしまい、事実上凱旋門賞の挑戦 …

3

カラヴァッジオがコモンウェルスCを勝ち6戦6勝に

ロイヤルアスコット競馬の4日目に開催されたコモンウェルスCを制したのはカラヴァッジオです。 この馬は2016年のアイルランドのGIフェニックスステークスを勝った馬で、これで6戦6勝としました。 GIは …