ワールド競馬のこと、調べてみました。

ワールド競馬を利用すると、どんな情報が得られる?実際の所を調べてみました。

最近の投稿

アメリカナンバー1の現役種牡馬・Tapitについて

投稿日:

アメリカは世界最大のサラブレッドの生産国としても知られていて、その分数多くの種牡馬が繋養されています。
日本とは異なり芝ではなくてダートのレースが主役となっていることもあり、日本とは異なった系統の馬が種牡馬として活躍しています。
ワールド競馬も、日米の差については、いつも注目しているポイントです。

2016年の北米ランキングを見てみると、リーディングサイアーに輝いたのはTapitで、圧倒的な成績となっています。
2位はCurlinで、3位はUncleMo、CandyRid、Kitten’sJoyと続きます。

2017年の種付け料は30万ドルとなっており、日本円で3000万円を超えています。
Tapitは現役時代にはGIを1勝(ウッドメモリアルS)しかしていませんが、種牡馬としては歴史的な大成功を収めています。
代表産駒は挙げきれないくらいいて、日本で走った馬の中にもテスタマッタやラニがいます。

ベルモントSを勝った馬が多いのも特徴で、今年の勝ち馬でもあるTapwritもTapit産駒です。
アメリカンファラオやアロゲート級の馬はまだ出していませんが、安定して強い馬を出しています。
2001年生まれのためまだまだ種牡馬としてやっていけるでしょうから、圧倒的な強さを誇る馬を生み出す可能性も高いでしょう。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

8

シルバーステート が復帰後2連勝中

現4歳世代は最強世代とも言われており、サトノダイヤモンドをはじめとした活躍馬が目白押しです。 そんな中幻のダービー馬と呼ばれている馬がおり、それはシルバーステートです。 シルバーステートの父はディープ …

6

サザンヴィグラスが栄冠賞を制した

北海道の門別競馬場で6月29日に開催された栄冠賞(翌年度のリオンディーズの配合権利が付与される)。 栄冠賞は2歳馬のための重賞レースですが、日本で最も早く開催されることで有名です。 この栄冠賞を勝った …

17

中京記念に出走を予定している馬をピックアップ

7月23日に行われた中京記念にはすでに大きな実績を上げている馬たちも名乗りをあげています。 特に注目したいのは日本ダービーを勝っているワンアンドオンリーで近走は結果がでていませんが、マイル戦となるので …

12

ニシケンモノノフが北海道スプリントCで見事人気に応える

6月8日に北海道の門別競馬場で開催された北海道スプリントCには、JRAからも強豪馬が出走しました。 単勝1.9倍の圧倒的な1番人気に推されたのはニシケンモノノフで、JRA地方問わず様々なレースで良績を …

13

ハイランドリールが6月の世界的GIを連勝

芝2400mのクラシックディスタンスの距離はまさに競馬においての王道で、日本ダービーをはじめとしたダービーの距離でもあります。 この距離の現役世界最強馬の可能性があるのが、ハイランドリールです。 ハイ …