ワールド競馬のこと、調べてみました。

ワールド競馬を利用すると、どんな情報が得られる?実際の所を調べてみました。

最近の投稿

イギリスダービー馬に輝いたのは人気薄のウイングスオブイーグルス

投稿日:

世界で最も権威のあるレースとして知られるイギリスダービー(ダービーステークス)が、今年もエプソム競馬場で行われました。
2000ギニーを勝ったチャーチルがマイル路線に進んだため少々残念ではありましたが、Cracksman、CliffsofMoher、Eminentなどが出走しました。
これらの馬が勝つのかと思われましたが、16番人気のウイングスオブイーグルスが鮮やかな脚で見事第238回イギリスダービー馬となりました。
A.P.オブライエン調教師はウイングスオブイーグルスを含む6頭を出走させましたが、1着だけではなくて2着馬もA.P.オブライエン調教師の管理馬です。

ウイングスオブイーグルスに騎乗していたP.ベギー騎手は、ワールド競馬が見守っている所、これまでに目立った活躍は見せていませんでしたが、A.P.オブライエン調教師の信頼を見事掴んでの参戦でした。
世界中にあるダービーの本家ですから、このレースを勝つことはとても幸せなことです。

とても頑張り屋な騎手のようですし、大レースを勝つと信頼も生まれますし、自分の腕に自信もつくでしょうから、イギリスダービーの制覇がよいきっかけになるでしょう。
もちろんウイングスオブイーグルスもまだ3歳なので、これから大レースで期待が持てます。

-最近の投稿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

10

ターフィーくんと32ndサンリオキャラクター大賞

今回で32回目を迎えるサンリオキャラクター大賞にJRAのマスコットキャラクターとして知られているターフィーくんがエントリーしました。 サンリオの有名キャラクターがライバルとなる為厳しい戦いとなりますが …

no image

秋山真一郎騎手がJRA全10場重賞制覇

いぶし銀の腕が光るといわれる秋山真一郎騎手は、決して目立つ存在ではありませんがデビュー以来コンスタントに勝ち星を重ねています。しかしなかなかGI勝利に恵まれなかったものの、2012年についにカレンブラ …

13

ハイランドリールが6月の世界的GIを連勝

芝2400mのクラシックディスタンスの距離はまさに競馬においての王道で、日本ダービーをはじめとしたダービーの距離でもあります。 この距離の現役世界最強馬の可能性があるのが、ハイランドリールです。 ハイ …

17

中京記念に出走を予定している馬をピックアップ

7月23日に行われた中京記念にはすでに大きな実績を上げている馬たちも名乗りをあげています。 特に注目したいのは日本ダービーを勝っているワンアンドオンリーで近走は結果がでていませんが、マイル戦となるので …

6

サザンヴィグラスが栄冠賞を制した

北海道の門別競馬場で6月29日に開催された栄冠賞(翌年度のリオンディーズの配合権利が付与される)。 栄冠賞は2歳馬のための重賞レースですが、日本で最も早く開催されることで有名です。 この栄冠賞を勝った …