ワールド競馬のこと、調べてみました。

ワールド競馬を利用すると、どんな情報が得られる?実際の所を調べてみました。

未分類

ジャンプラ賞を勝利したサンダースノーの戦績が凄い

投稿日:2017年8月9日 更新日:

今年のUAEダービーに出走した日本馬のエピカリスは惜しくも2着に敗れてしまいました。その際に優勝したのがサンダースノーです。

サンダースノーはUAEダービーの後アメリカのケンタッキーダービーに出走し競走中止となりましたが、それから21日後に開催されたアイルランド2000ギニーにおいて2着に入る活躍を見せました。短期間に複数のGIに出走して好成績を収めるというのはやはり素晴らしいです。

その後ロイヤルアスコット開催のセントジェームズパレスSでは3着に敗れ、ついに4月9日に開催されたジャンプラ賞でTraisFluorsに1馬身4分の1をつけ2度目のGI制覇を成し遂げました。

サンダースノーはUAEをはじめ、アメリカやアイルランド、イギリス、そしてフランスのレースに短期間で出走する本当に立派な馬です。
サンダースノーの父はHelmet、母はEasternJoy、母父はDubai Destinationという血統で、ダートも芝もこなすことができるスーパーホースです。

そしてこの馬を管理している調教師はドバイのサイードビンスルール師ですが、この調教師は過去に様々な名馬を世に送り出しています。サンダースノーはまだ3歳なので、今後の活躍ぶりをワールド競馬では期待しています。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ジャパンダートダービーで東京ダービー馬が強さを見せつけた

7月12日に大井競馬場で行われたジャパンダートダービーは、地方競馬に所属するヒガシウィルウィンが勝利しました。 このレースを地方馬が勝利するのは2010年のマグニフィカ以来となり、これは歴史的な快挙と …

no image

セントウルSはデムーロ騎手鞍上のファインニードルが勝利

ワールド競馬が見守る中、9月10日に阪神競馬場にて行われたセントウルS。 スプリンターズSを目指す馬たちが出走しましたが、今年は絶対的な本命馬がいなくて、どの馬にもチャンスがありました。 そんな中1番 …

no image

スワンSもグランシルクが勝つ?

これまで圧倒的な力がありながら、その極端な脚質のせいで勝ち切ることができなかったグランシルク。 そんなグランシルクも京成杯オータムHで見事に勝ち切ったため、10月28日に開催されるスワンSでも本命視さ …

no image

クイーン賞に出走する有力馬情報

12月6日にで開催されるワールド競馬期待のクイーン賞。 レース名の通り牝馬限定戦となっていて、Jpn3の格付です。 すでにJRA所属の出走予定馬が発表されており、アンジュデジール、アンデスクイーン、タ …

no image

これぞGI級?京王杯2歳Sでタワーオブロンドンが完勝

ワールド競馬待望、11月4日に東京競馬場で開催された京王杯2歳Sはタワーオブロンドンが圧倒的な支持を集めました。 この馬は父がRaven’sPass、母父がDalakhaniという血統で、 …