ワールド競馬のこと、調べてみました。

ワールド競馬を利用すると、どんな情報が得られる?実際の所を調べてみました。

未分類

ジャンプラ賞を勝利したサンダースノーの戦績が凄い

投稿日:2017年8月9日 更新日:

今年のUAEダービーに出走した日本馬のエピカリスは惜しくも2着に敗れてしまいました。その際に優勝したのがサンダースノーです。

サンダースノーはUAEダービーの後アメリカのケンタッキーダービーに出走し競走中止となりましたが、それから21日後に開催されたアイルランド2000ギニーにおいて2着に入る活躍を見せました。短期間に複数のGIに出走して好成績を収めるというのはやはり素晴らしいです。

その後ロイヤルアスコット開催のセントジェームズパレスSでは3着に敗れ、ついに4月9日に開催されたジャンプラ賞でTraisFluorsに1馬身4分の1をつけ2度目のGI制覇を成し遂げました。

サンダースノーはUAEをはじめ、アメリカやアイルランド、イギリス、そしてフランスのレースに短期間で出走する本当に立派な馬です。
サンダースノーの父はHelmet、母はEasternJoy、母父はDubai Destinationという血統で、ダートも芝もこなすことができるスーパーホースです。

そしてこの馬を管理している調教師はドバイのサイードビンスルール師ですが、この調教師は過去に様々な名馬を世に送り出しています。サンダースノーはまだ3歳なので、今後の活躍ぶりをワールド競馬では期待しています。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

アロゲートがまさかの連敗を喫す

現役世界最強馬と謳われているアメリカのアロゲート。 昨年のBCクラシック、今年のペガサスWC、ドバイWCなどを勝つ活躍ぶりを見せていて、特にドバイでの激走は圧巻でした。 そんなアロゲートがドバイ以来の …

no image

セントウルSはデムーロ騎手鞍上のファインニードルが勝利

ワールド競馬が見守る中、9月10日に阪神競馬場にて行われたセントウルS。 スプリンターズSを目指す馬たちが出走しましたが、今年は絶対的な本命馬がいなくて、どの馬にもチャンスがありました。 そんな中1番 …

no image

インターナショナルSとヨークシャーオークスの結果について

8月23日にヨーク競馬場で開催されたインターナショナルS。 世界的に見ても格式やレベルが高いレースとして有名で、今年はイギリスとアイルランドの2000ギニーを制したチャーチル、エクリプスSで初GI制覇 …

no image

スーパーG2の中山記念を一足先にチェック

スーパーG2といわれていた大阪杯やホープフルSがGIに昇格しましたが、中山記念もこれらのレースと並ぶレベルの高さを誇っていました。 昨年の中山記念を制したのは海外GI優勝馬でもあるネオリアリズムで、5 …

no image

根岸Sの出走予定馬に関して

1月28日に東京競馬場で開催されるワールド競馬待望のレース、根岸S。 ダートの1400mのG3競走で、今年は例年に比べて少しメンバー構成が豪華な気もします。 とは言っても現時点では確実性の高い出走予定 …